ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

今年もあっという間に11月に突入し、残すところ2か月足らずとなりました。
11月といえば七五三のシーズン、まさに今日(11月15日)がメインの日です。
HOSは熱田神宮と名鉄「神宮前」駅の間にあるので、この時期は熱田神宮へ七五三のお祝いに来る人を毎日のように見かけます。
折角七五三のご祈祷に来ているのですから、みなさん、病気や怪我などをせず、立派に成長できると良いですよね。

 
さて、今回は前回の続きで「新しいマウスの評価」を書こう・・・と思いましたが、まだ評価しきれていないということもあり、別の内容を書くことにします。

今回は、先日プライベートで起こった出来事から・・・

先日家族にて車で移動中、今年4歳になった我が子(既に七五三は済ませました!)が突然言ったこと。
「車は空を飛べんよね?(既に名古屋弁・・・)」

何を突然言い出したのかと聞いてみると、
「だって、あの信号、上向いとるよ。(やはり名古屋弁・・・)」
とのこと。

目の前の信号を見て納得しました。
名古屋の大きい信号交差点では、右左折と直進がそれぞれ矢印で表示される場所が多いのです。
その直進信号(上向き)を見て、「空を飛ぶ」ということを思いついたようです。

大人の感覚で言えば、「上向き矢印ならば直進」という固定概念がありますが、純粋に見れば上向きですので「空を飛ぶ」というのは普通の考え方なのかもしれません。

何事も固定概念にとらわれず、視点を変えて、色々な角度からモノゴトを見る。
4歳の我が子のおかげで思い出した、大切な教訓でした。。。