「シーオーリポーツ Ver.12」はActiveX版のプログラム制御型帳票ツールです。

シーオーリポーツ Ver.11 以前の製品からの移行を目的としています。
新規に開発を行なう場合は、「シーオーリポーツ for .NET Ver.3」の利用をお勧めします。

帳票レイアウトを設計するための『フォームエディタ』と、VB.NET、C#等のプログラム言語から利用し、帳票の印刷、独自形式の帳票ファイル、PDF、TIFF等の出力を行なう『描画コントロール』、独自形式の帳票ファイルをプレビュー・印刷するための『ビュアー』『ビューコントロール』で構成されています。

ランタイムライセンスフリーで、フォームエディタを除く各種ランタイムモジュールを、作成した帳票アプリケーションと共に使用許諾契約書にしたがって自由に再配布することができます。

前バージョン「シーオーリポーツ Ver.11」についてはこちらをご覧ください。

シーオーリポーツ
(クリックして拡大)

新機能

ファイルフォーマット更新

フォームファイルやドキュメントファイルのフォーマットが、「for Java」および「for .NET」の最新版と同じになりました。

Adobe-Japan1 以外の異体字セレクタに対応

シーオーリポーツ Ver.11 では異体字セレクタは Adobe-Japan1 のみの対応でしたが、Hanyo-Denshi (Moji_Joho) にも対応いたしました。

PDF出力時にフォールバックフォントを指定可能

これまでは、フォントに対象の字形がない場合はその文字を表示することができませんでしたが、「フォールバックフォント」を指定することで、別のフォントの情報が使用できるようになりました。

主な機能

フォームエディタ

フォームエディタ (クリックして拡大)
フォームエディタ (クリックして拡大)

帳票レイアウトを作成するためのグラフィックエディタです。
マウス操作で帳票設計を簡単に行なうことができます。
多彩な描画機能を持ち、グラフィックツールのような操作性により帳票レイアウト作成を簡単に行なうことができます。

バーコード

バーコード(クリックして拡大)
バーコード(クリックして拡大)

GS1-128(UCC/EAN-128)やカスタマバーコードなどのメジャーな1次元バーコードはもちろんのこと、QRコードやPDF417バーコードといった2次元コードも出力できます。
シーオーリポーツ独自の描画方法を採用することで、バーコードフォントや専用プリンタは不要です。
プリンタドライバの解像度に適したバー幅・間隔を自動計算するため、精度の高いバーコードを簡単に作成できます。
バー幅、スペース幅を個別に設定することも可能ですのでコンビニ収納代行用のGS1-128(UCC/EAN-128)の様に高い精度を要求されるバーコードをパソコン用プリンタで出力することも可能です。

レイヤ機能

(クリックして拡大)
(クリックして拡大)

ひとつのフォームファイル内に複数のレイヤが定義できます。
複写式の納品書・請求書・受領書のように少しずつ異なる帳票レイアウトも、共通部分と相違部分を別々のレイヤ上に設計することにより、ひとつのフォームファイル内で簡単に作成できます。
TWAINに対応しているので既存の帳票イメージをスキャナで読み込んで再利用することも可能です。

帳票ファイル

シーオーリポーツでは直接プリンタへ帳票を出力する以外に、帳票をファイルに出力することが可能です。
出力可能な帳票ファイルとしては独自形式の帳票ファイル「シーオーリポーツドキュメントファイル」(BinaryとXML)、PDFとTIFFがあります。 ・シーオーリポーツドキュメントファイル(Binary) 大量にページ数がある帳票のときコンパクトなファイルを生成します。 ・シーオーリポーツドキュメントファイル(XML) ファイル容量は大きくなりますが、他システムでのデータの再利用や帳票の長期保管等に適しています。

PDFファイルの出力

弊社の帳票ツールは全て単体でPDFファイルの出力ができます。

外字の埋め込み

ドキュメントファイルやPDFファイルを作成する際に、外字を含めることが可能です。
市販の外字フォントやWindows外字エディタ等で作成した外字を使用することができます。
web環境での運用において問題となる人名や地名などの外字は独自の変換技術によりクライアント側には外字フォントがなくても表示・印刷ができます。

コード生成ウィザード

コード生成ウィザード(クリックして拡大)
コード生成ウィザード(クリックして拡大)

マウスクリックによる対話入力でプログラムコードを自動生成します。これにより、開発の工数を大幅削減することが可能です。

重ね打ち描画

印刷時・ドキュメントファイル出力時に重ね打ちの描画が可能です。

  1. リストの1レコードのみのフォームファイルを作成し、これを重ね打ちでずらしながら描画していくことで、行・列数が可変のリストを実現できるようになります。
  2. A5サイズで設計された2つのフォームファイルを、1ページのA4サイズのドキュメントファイルとして出力できるようになります。

リストフィールドのセルの結合

(クリックして拡大)
(クリックして拡大)

リストフィールドの複数セルに渡る行・列を結合することができます。

帳票ファイルの一括印刷

帳票ファイルの一括印刷
(クリックして拡大)

フォルダを指定するだけで、そのフォルダ下にあるドキュメントファイルを一括印刷する機能をご用意しました。
一括印刷を使う事によって、個別に印刷する事による煩雑な手続きを行なうことなく、自動的にまとめて印刷することができます。
例えば、複数トレイがあるレーザプリンタ等では、A4、A3、B4と異なる用紙を各トレイに入れておくことにより、一度の印刷指示で印刷させることができます。

編集子

編集子とは、データフィールドおよびリストフィールドに出力するデータの表示形式を制御するための記号群です。
シーオーリポーツでは帳票出力に必要とされる豊富な編集子(文字型編集子・数値型編集子)とプロパティをご用意しています。

JIS2004対応

JIS X 0213:2004(JIS2004)に対応しております。
なお、JIS2004に対応したフォントを使用する必要があります。

サロゲートペア文字

サロゲートペア文字に対応しております。
サロゲートペア領域の文字をそのまま扱うことができます。
合成文字(結合文字)については、直接印刷やドキュメントファイル・TIFFファイルの出力に対応しています。
PDFファイルの出力では未対応です。

異体字セレクタ

人名や地名で利用されることの多い異体字セレクタに対応しております。

旧バージョンからの移行

フォームファイル

シーオーリポーツ Ver.12 では、「crf」「rse」「cfx」形式のフォームファイルが使用できます。
「fed」形式のファイルについては、Ver.12 のフォームエディタで開き、形式を変更して保存し直してください。
フォームファイルの作成バージョンによっては、レイアウト等の修正が必要になる場合があります。

プログラム

移行先の環境を ActiveXが使用可能な状態 に設定しておく必要があります。

Ver.7 で作成したプログラムの移行
  • 「Ver.4.X互換DLL(CoDraw4.dll)」を使用していない場合は移行が可能です。モジュールのクラスIDが異なるため参照設定の変更が必要です。また変更後はリビルドしてください。エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
  • 「Ver.4.X互換DLL」を使用している場合、プログラムの移行はできません。Ver.12 で新規にプログラムを作成してください。
Ver.8.0 Standard Edition で作成したプログラムの移行
  • 「Ver.4.X互換DLL(CoDraw4.dll)」を使用していない場合は移行が可能です。モジュールのクラスIDが異なるため参照設定の変更が必要です。また変更後はリビルドしてください。エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
  • 「Ver.4.X互換DLL」を使用している場合、プログラムの移行はできません。Ver.12 で新規にプログラムを作成してください。
Ver.8.0 Enterprise Edition で作成したプログラムの移行
  • モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
Ver.8.5 Standard Edition で作成したプログラムの移行
  • 「Ver.4.X互換DLL(CoDraw4.dll)」を使用していない場合は移行が可能です。モジュールのクラスIDが異なるため参照設定の変更が必要です。また変更後はリビルドしてください。エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
  • 「Ver.4.X互換DLL」を使用している場合、プログラムの移行はできません。Ver.12 で新規にプログラムを作成してください。
Ver.8.5 Enterprise Edition で作成したプログラムの移行
  • 「シーオーリポーツJNI(coreportsu.jar)」を使用していない場合は移行が可能です。モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
  • 「シーオーリポーツJNI」を使用している場合、プログラムの移行はできません。Ver.12 で新規にプログラムを作成してください。
Ver.9 Standard Edition で作成したプログラムの移行
  • モジュールのクラスIDが異なるため参照設定の変更が必要です。また変更後はリビルドしてください。エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
Ver.9 Professional Edition で作成したプログラムの移行
  • モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
Ver.9 Enterprise Edition で作成したプログラムの移行
  • 「シーオーリポーツJNI(coreportsu.jar)」および「.NET版ビューコントロール」を使用していない場合は移行が可能です。モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
  • 「シーオーリポーツJNI」を使用している場合、プログラムの移行はできません。Ver.12 で新規にプログラムを作成してください。
  • 「.NET版ビューコントロール」を使用している場合は、ActiveX版ビューコントロールを使用するようプログラムを変更する必要があります。なお ClickOnce 等の機能は使用できなくなります。
Ver.10 で作成したプログラムの移行
  • モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。
Ver.11 で作成したプログラムの移行
  • モジュールのクラスIDが同じですので参照設定の変更は必要ありません。移行後、エラーが発生する場合はプログラムを適宜修正してください。

ドキュメントファイル

シーオーリポーツ Ver.12 のビュアー・ビューコントロールでは、「cid」「rsi」「rsx」形式のドキュメントファイルが使用できます。

動作環境

  • 開発環境および運用環境は、同じ環境にすることがマイクロソフト社においても推奨されております。
  • 仮想化環境を含む、特定の環境についての動作保証およびサポートをしておりません。実マシン・仮想化環境に関係なく、シーオーリポーツをご利用中に何らかの問題が発生した場合、それが弊社環境でも再現されるものであれば、調査・対応をさせていただきます。
  • プリンタは、Windows対応のものをご利用ください。なおファイル出力の場合でも、帳票を作成する環境にはプリンタドライバが1つ以上インストールされている必要があります。実機が接続されている必要はございません。

クラウドサービス

各クラウドサービスへの対応状況です。

開発環境

OS
  • Windows 10
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows 11
  • Windows Server 2022
開発ツール
  • Visual Studio 2019
  • Visual Studio 2022

運用環境

OS
  • Windows 10
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows 11
  • Windows Server 2022

機能比較表

マニュアル

シーオーリポーツ Ver.12 製品版に含まれるマニュアルをご覧いただけます。
マニュアルは、ユーザサポートページ内参考資料ページにございます。

ライセンス体系

ライセンスは本製品固有のライセンスです。
ダウングレード、または別製品のライセンスとしてお使いいただくことはできません。

開発ライセンス

開発者お一人につき1ライセンス必要です。
ユーザサポートページで製品登録することで、登録者に本製品を使用して開発を行なう権利が発生します。

製品登録後、ユーザサポートページ「ダウンロード」からインストーラをダウンロードしてください。

また運用時にモジュールを複数の環境へ配布することができます。
ただし「フォームエディタ」や「外字抽出ツール」「フォームファイル比較ツール」は配布可能なモジュールではございません。運用環境で、登録者以外の方がフォームエディタ等を使用する場合には、別途、開発ライセンスを購入する必要があります。
また、フォームエディタをお使いにならずに各モジュールを使用したプログラムを開発する場合も、開発ライセンスが必要です。

初年度分のテクニカルサポートが含まれております。
弊社から本ライセンスを出荷する際、自動的にサポートが開始されます(購入時に開始日を指定することも可能です)。

※ これまでの製品にあった「追加ライセンス」は、本製品にはございません。

テクニカルサポート

製品に関するサポートサービスです。
「テクニカルサポート」を購入することで、開発ライセンス付属のテクニカルサポートの期間が1年延長されます。

サービスの内容はこちらをご参照ください。

製品の購入

製品の購入についてはこちらをご参照ください。