帳票ツールのシーオーリポーツ | 株式会社エイチ・オー・エス

異体字

IVSの異体字に対応しているフォントを使用している場合、UnicodeのIVS(基底文字+異体字セレクタ)で表現される漢字文字の異体字に対応しています。

異体字とは

読み方や使用方法などは同じで、漢字の一部が異なる字体のことです。

IVS(Ideographic Variation Sequence)について

IVSは、異体字を指定し表示するためのしくみです。
漢字を表す文字(基底文字)の直後に、異体字に割り振られた異体字選択子と呼ばれる値を付けることにより、異体字を識別します。

IVD(Ideographic Variation Database)について

IVDはある文字集合に対応する異体字の字形コレクションです。
ユニコードコンソーシアムでは、現在3つのコレクションが登録されています。

  • Adobe-Japan1
    Adobe社が管理するAdobe-Japan1グリフ集合のコレクションです。
  • Hanyo-Denshi
    経産省・汎用電子情報交換環境整備プログラム委員会が管理する、住基ネット・戸籍システム・登記システム等での利用を想定したコレクションです。
  • Moji_Joho
    経産省・汎用電子情報交換環境整備プログラム委員会の成果を引き継ぎ、その普及を目的としてIVSの実装である「IPAmj明朝」フォントの基になるコレクションです。

同じ字形でも、Adobe-Japan1 と Hanyo-Denshi (Moji_Joho)では、異なる異体字セレクタとして登録されているため、使用するフォントがどのコレクションかを意識して使用する、あるいは、異体字セレクタの変換が必要となります。

また、同じコレクションでも使用するフォントが、すべての文字を実装しているとは限りません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
© HOS Co.,Ltd. 2016
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.