みなさま、こんにちは。しむぅです。

今回は、歴代のフォームエディタについて(特に見た目)紹介していこうと思います。

シーオーリポーツVer.1.X

シーオーリポーツVer.1.X フォームエディタ

シーオーリポーツVer.1.X フォームエディタ

フォームエディタのバージョンが2.0となっていますが、理由についてはわかりません。
ツールバーの下部にある白いボックスは文字入力用のフィールドです。

1995年リリースされました。

シーオーリポーツVer.2.X

シーオーリポーツVer.2.X フォームエディタ

シーオーリポーツVer.2.X フォームエディタ

画面の見た目が、「ペイントブラシ」に似ています。

1995年リリースされました。

シーオーリポーツVer.3.X

シーオーリポーツVer.3.X フォームエディタ

シーオーリポーツVer.3.X フォームエディタ

カラーパレットが追加されたことでますます、「ペイントブラシ」に似てきました。
Ver.3.Xからフォントが自由に指定できるようになりました。
Ver.2.Xまでは、明朝、角ゴシック、丸ゴシックしか使用できませんでした。

1996年リリースされました。

シーオーリポーツVer.4.X

シーオーリポーツVer.4.X フォームエディタ

シーオーリポーツVer.4.X フォームエディタ

画面の右上に星の絵が表示されているのが特徴でしょうか。
InternetExplorer や NetScape のロゴみたいなものですね。
ちなみに星をクリックすると、星の周りを惑星が回ります。

1996年リリースされました。

シーオーリポーツVer.4.5

シーオーリポーツVer.4.5 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.4.5 フォームエディタ

今までのフォームエディタは、16ビットアプリケーションでした。
なので、32ビットOSでの利用に問題が出てきたりしましたので32ビット版のフォームエディタを用意しました。

1998年リリースされました。

シーオーリポーツVer.7

シーオーリポーツVer.7 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.7 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.7 では、設計を見直し、1から作り直しています。
そのため、いろいろとやりたかったことができるようになりました。逆に出来なくなったこともありましたが。

「レイヤ」が追加されたのも、このバージョンからです。

画像は、初期リリース時のフォームエディタです。

1999年リリースされました。

シーオーリポーツVer.8

シーオーリポーツVer.8 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.8 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.8 になり、Standard Edition と Enterprise Edition の2種類が提供されるようになりました。
2つのEdition のフォームエディタは見た目は同じですが、中身が違います。
Standard Edition はS-JIS、 Enterprise Edition は UNICODE で、文字を処理します。

2003年リリースされました。

シーオーリポーツVer.8.5

シーオーリポーツVer.8.5 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.8.5 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.8 と Ver.8.5 ではほとんど見た目が変わりませんが、タブが追加されています。
編集中の複数のレイアウトを簡単に切り替えることが出来ます。

2003年リリースされました。

シーオーリポーツVer.9

シーオーリポーツVer.9 フォームエディタ

シーオーリポーツVer.9 フォームエディタ

現在のフォームエディタです。
シーオーリポーツ for .NET や for Java、 帳票クリエータでも使用しています。

ツールバーの見た目が、OfficeXP や VisualStudio.NET のようになっています。

2006年リリースされました。

つぎの製品ではどうなるのでしょうか。