ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

先週の金曜日の夜、13年ものの自宅の冷蔵庫が突然故障しました。
まあ、家電製品は故障を予告してくれることはほとんどありませんので、突然故障するのは当然といえば当然なんですが・・・
ただよく考えると、動作音が大きい時があったことは、故障が近い合図だったのかもしれません。

 
冷蔵庫の故障というと、冷蔵品が冷えないとか、冷凍品が溶けるという症状から故障を疑うケースが多いかと思いますが、我が家の場合、冷蔵庫の温度表示のパネルにエラーメッセージが表示されました。
インターネットで調べる限り、インバータ回路の故障のようで、もう完全にお手上げ。。。

普通であれば、修理をお願いすることになるかと思いますが、13年ものですし、既に冷蔵庫を作っていないメーカーの製品。また、当然新しい冷蔵庫の方が省エネ仕様になっている・・・ということで、翌日には電気屋さんにて新しい冷蔵庫を注文しました。

とはいえ、一番早い配達でも月曜日(今日)とのことで、この土日は冷蔵庫なしの生活となりました。

私にとって冷蔵庫はあって当然のもの。冷蔵庫のない生活はそれはそれはもう大変でした!
スーパーマーケットに行っても冷凍品はもってのほか、この暑い最中では冷蔵品すら買えません。
喉が渇いても、冷たい飲み物はなく、常温保存の生温い飲み物か水道水だけ。
それどころか、故障前まで冷蔵庫に入っていたもの全てがダメになってしまいました。
(日曜日に食料品を買いだめする我が家にとって、週末に故障したのは不幸中の幸いでしたが・・・)

 
先日、「携帯電話のない生活に耐えられるか?」という話題をテレビで見ましたが、学生時代に携帯電話のない世代だった私にとっては携帯電話がなくても生活はできるかな?と思っていました。
しかし、流石に冷蔵庫のない生活というのは相当大変と痛感する週末でした。。。
 

 
最近では、ビジネスにおいてパソコンは必須となりつつあります。職種によっては、プライベートの冷蔵庫並に必須となることもあるかと思います。
プライベートでは冷蔵庫、ビジネスではパソコンぐらいは、故障前に置き換えすることが良さそうですね。。。