お久しぶりです。
受託開発担当のRyuです。

しばらくの間仕事で外に出ていたので久しぶりに記事を書いています。
今回はそのときにあった出来事のひとつです。

そのプロジェクトは結構前から動いていたようなのですが、上流から詳細設計書のOKが出ずスケジュールが遅れに遅れていました。
そこで任された仕事は1週間でwebサイトを作るというものでした。
要件定義を見るに普段なら2週間はかけたいところでしたが、仕方がありません。
そしてどうにかこうにか完成させた翌日のこと。

「意外に早く終わったね。じゃあもう一つ作って欲しいものがあるんだけれど」

今度の期限は2日です。
普段なら5日はかけたいところでしたが、仕方がありません。
そしてどうにかこうにか完成させた翌日のこと。

…流石に3連続はなかったようです。
ちなみに仕様書は実装が終わってから上流のOKが出ました。
ウォーターフォールモデルでの開発は融通が効かないことが多いので、小さなプロジェクトでは別の開発手法が利用されるようになっていくといいなと思います。