みなさま、こんにちは。しむぅです。

前回は、Windows 7の新機能である「XPMode」について書きました。
その際、私のPCで、[Windows XP Mode]のインストールでエラーが出た件について調べてみました。

原因は、「互換モード」でした。

私のPCには、とあるファイル管理ソフトがインストールしてあり、メインで使用しているのですが、一部の機能を使うとエラーになってしまいます。
もともとWindows7には対応していないソフトなので、このファイル管理ソフトに対して「互換モード」の設定をしていました。
エラーは「互換モード」の設定をしても改善されなかったのですが、そのままにしてました。

「互換モード」は、特定のアプリケーションに対して、あたかも古いOSかのように振る舞うものです。
特に、インストーラ等、OS限定で動作するアプリケーションの場合に有効です。

で、この「互換モード」で動作させていたファイル管理ソフトなんですが、ファイル管理ソフトなので当然他のアプリケーションを実行したりもします。
その、他のアプリケーションに対しても「互換モード」が有効になってしまうようです。

「互換モード」の設定は、ファイル管理ソフトに対してしか行なっていませんので、まさか、他のアプリケーションまで影響を与えるとは思っても見ませんでした。

VisualStudio等開発ツールに対して、「互換モード」の設定を行なうと、デバッグするアプリケーションも「互換モード」の影響を受けるということでしょうね。

安易に設定はしないほうがよいかもしれません。