ソフトウェア開発部のIです。

先日、「MCP 70-483 Programming in C#」に合格しました。

試験勉強は相当久しぶりだったのですが、何とか合格することが出来ました。
試験範囲を勉強してみると自分が知らない機能や普段あまり使用しない機能があり勉強になりました。
例えば、try catch で例外を再throwする際の throw ex; と throw; の違い、弱参照 WeakReference、SqlDataReader.NextResultなど。Javaをやってる人だと throw ex; と勢いで書いてしまいそうですが、c#で書いてしまうとスタックトレースがリセットされてしまうので注意が必要です。
出題数、内容は人によってランダム(分野毎に25-30%)で、自分の時はアセンブリ情報に関する問題が少し多めに出たように感じました。苦手な分野なので印象に強く残り多く感じたかのかもしれませんが・・。
試験は選択問題で出題数は40から60問、試験時間は120分でした。私の時は出題数が比較的少なかったためか60分ほど時間が余ってしまったので、全問見直す時間が取れました。試験の結果は完了ボタンを押すとすぐに表示されるので何の緊張感もありません。あっさりしたものでした。あとは、試験予約時の注意事項にも書いてあるのですが、身分証明書が2つ必要になるので忘れないようにしましょう。アカウント情報にはローマ字で氏名を登録しますが、提示する身分証明書の氏名が漢字表記のみの物で問題なかったです。