ソフトウェア開発部のKです。
最近スマートスピーカー(AIスピーカー)を使う機会がありました。

スマートスピーカーはAmazonやGoogleなどが作っている音声で情報の検索や、周辺機器の操作を行う機器です。
少し前に結構話題になったのですが、自分で買う気はしなかったので触ってはいませんでした。
しかし先日、友人が導入していたので試すことができました。
率直な感想としては、あまり使い勝手はよくなかったです。

まず音声での指示が面倒で不正確。
両手がふさがっているときなど限定された条件下以外では、スマホを操作したほうがいいです。
やはり言葉の微妙なニュアンスを判断できる能力は、今のAIにはありません。
また、引き出せる情報も少ないです。

あと周辺機器の問題。
現状では対応機器が少なく、できることが限られます。
家中の家電が音声で操作できるようになるには、まだかなりの時間がかかると思います。

例えば料理しているとき、音声でレシピを検索して、手元のタブレットに情報を表示する。
例えば荷物を抱えて家を出るとき、音声ですべての部屋の電気を消して、家の鍵をロックし、セキュリティ装置を起動する。

それくらいできるようになれば、スマートスピーカーが生活の一部になるかもしれませんね。