ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

ここ毎日、必ず耳にする単語「新型コロナウイルス(COVID-19)」。
前回の記事では、「台風には十分ご注意を・・・」と書きましたが、台風はまだ目に見えますし、ある程度の対策も可能。
それに比べて、目に見えないウイルスとなると、対策も簡単ではありません。
感染者は日に日に増えており、本当に恐怖を感じます。

一日も早く「新型コロナウイルス(COVID-19)」が終息に向かうことを期待したいところです。

さて、先日、新しいWebサイトを構築する機会があり、定番の WordPress を利用して、サイト構築を行いました。
このサイトでは、通常の公開ページに加えて、閲覧にパスワード(アカウント管理は不要)が必要なメンバー専用ページもあるサイト。
ただ、メンバー専用ページは Wiki で構築してあることもあり、メンバー専用ページはそのままにし、通常の公開ページのみ、 WordPress 化を行いました。

テーマを決め、コンテンツを一通り作成し、便利なプラグインも一通りインストールして、サイト構築は完了。
しかし、一通り構築した後に「どうせなら、メンバー専用ページも WordPress に移行したほうが良いのかな?」ということになり、急遽、メンバー専用ページも WordPress へ移行することに。

メンバー専用ページということもあり、パスワードの制限が必要になりますが、ページ単位でパスワードをかけることは容易ですが、複数のページをまとめてメンバー専用ページにするのは地味に大変。
また、コンテンツを作成/編集する人が増えてくると、メンバー専用ページを間違ってパスワードなしで公開してしまうリスクも想定される。。。

何か便利なプラグインはないものか・・・と散々調べましたが、なかなかしっくりくるプラグインもありませんでした。
(あまりにもプラグインが多すぎて、調べるのが面倒だったという話も・・・)

最終的には、一番楽な構築方法として、サブドメインを作成し、公開ページ用とメンバー専用ページ用を別の WordPress 環境として構築することにしました。
これにより、メンバー専用ページだけをパスワード必須にすることも容易で、さらにメンバー専用のために作成したページを間違って、公開ページにする可能性もない。
まあ、 WordPress を2サイト分インストールすることになるので、サーバー的には不利ですし、管理も2サイト分を行う必要がありますが、トータルとして考えれば、良い構築方法だったのかと思います。

問題は、Wiki の内容を WordPress に移植すること。。。