ソフトウェア開発担当のRyuです。

先日、人生初の海外旅行でドイツへと行ってきました。
日本とは街並も文化も大きく異なっていたのですが、ちょっと気づいたことがありました。
それはQRコードです。
鉄道の広告や街中のファストフード店、スーパーの商品ラベルなど意外と目にすることがあるのです。
アジア圏、特に中国などではQRコード決済が盛んに利用されているとは知っていたのですが、ドイツでもよく利用されているとは知りませんでした。
最近はスマートフォンにも別途アプリを追加することなく、QRコードを読む機能が標準で搭載されていたりしますし、いつの間にか世界に広まっていたのですね。
昨今では日本でもオリンピックに向けてキャッシュレスのために、QRコード決済をもっと利用できるようにしようという動きがあるそうです。
日本で作られた規格はFeliCaなど世界で主流になれないことも多いので、ドイツでQRコードが見れたのは、ちょっとだけ身近を感じられて嬉しかったです。