受託開発担当のRyuです。

GoogleがGo言語なる新しい言語を発表しました。

非常に軽快な言語で文法はC/C++に近く、並列処理に重きを置いているのだとか。
クラスの概念はないが、インターフェイスのみが存在するというのも新しいですね。
C#も次期Verでは並列、分散処理を強化してくるらしいので今後はマルチコア環境での最適化に何処も力を入れてくるのでしょうか。

Goというネーミングは一目でGoogle製の言語だとわかる名前です。
ただ他の言語は会話の中で「CやC++は~」「Javaではこういうことが~」という風に後ろの”言語”部分を省いて表現することが多いですが、Go言語に関しては「Goは~」と繋げると(特に日本語では)分かりづらいかもしれません。

最近は新しい言語もあまり出てこなくなり、一時期話題になったD言語も静かになってしまいました。
Go言語は新しいもの好きな私にとって、今後が楽しみな言語です。