パッケージJava製品開発担当の大です。こんにちは。

HOSのJava向けの帳票開発ツール「シーオーリポーツ for Java」には、Eclipseでの帳票開発をサポートする「シーオーリポーツ IDEプラグイン for Eclipse」が同梱されています。今回から数回にわけて、この「シーオーリポーツIDE プラグイン for Eclipse」の使いこなし方法を解説していきたいと思います。このブログは複数人数で書くので、飛び飛びになると思いますが、気長におつきあいいただければうれしいです。

「シーオーリポーツIDE プラグイン for Eclipse」って何?

シーオーリポーツ for Javaを使用した帳票開発の流れ

シーオーリポーツ for Javaを使用した帳票開発の流れ(クリックで拡大)

まずはじめに、「シーオーリポーツ for Java」は帳票の開発ツールです。この製品では

  1. 帳票のレイアウトを作成する「フォームエディタ」
  2. 「フォームエディタ」で作成したレイアウトとデータをマージして帳票ドキュメントファイルを作成する「描画ライブラリ」
  3. 出力された帳票ドキュメントファイルを閲覧する「ビュアー/ビューコントロール」

を主に使用して、帳票開発を行います。

この2番目の「描画ライブラリ」はシンプルなライブラリで、柔軟な帳票アプリケーション開発に対応できる反面、データソースとの接続や自動改ページなどの機能は持っていません。そういった部分は帳票アプリケーション側で逐一コードを書き、ライブラリに指示を出す必要があるのです。

シーオーリポーツIDEプラグイン for Eclipse」は、この帳票アプリケーションの開発を効率良く行うためのものです。

何ができるの?

シーオーリポーツIDEプラグイン for Eclipse

シーオーリポーツIDEプラグイン for Eclipse(クリックで拡大)

「シーオーリポーツ IDEプラグイン for Eclipse」は、シーオーリポーツを利用した帳票開発をサポートする複数の機能を持っています。

  • フォームエディタやビュアーなどの外部アプリケーションを呼び出す「ランチャ」
  • 帳票アプリケーションの雛形を生成する「帳票クラスウィザード」
  • 「帳票クラスウィザード」で使用するテンプレートを編集する「テンプレートエディタ」
  • 開発中のドキュメントをEclipse上ですぐにプレビュー・印刷できる「帳票プレビュー」

とくに、「帳票クラスウィザード」とそのテンプレートを効果的に使うことで、定型的な処理を自動化し、開発工数を削減することができます。

次回は、「シーオーリポーツ IDEプラグイン for Eclipse」のインストールとセットアップを行います。

  • 2009/02/12 追記: 「続きを読む」タグを追加。