ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

1月14日より愛知県に発出されていた緊急事態宣言は、ようやく2月28日をもって解除されました。
まあ、緊急事態宣言が解除されたといっても、新型コロナウィルス患者がいなくなったわけではなく、再流行の可能性もありそう。。。

緊急事態宣言にかかわらず、感染対策をしっかりと取ったうえで生活していきたいと思います。

先日、自宅で利用する無線LANルーターを新しく購入しました。

自宅では契約している光回線会社からのレンタル品の無線LANルーターがあり、もともとはそれを利用していたのですが、この無線LANルーターの調子が非常に悪い!
かなり前から、突然、無線LANルーターの再起動がかかることがあり、それに加え、つい最近、都合によりECOモード(指定時間に無線を切る機能)を設定したところ、ECOモードに入ったとたんに再起動がかかり、ECOモードがキャンセルされる等・・・
ということで、レンタル品の無線LANルーターの無線機能を利用するのはあきらめて、新たに無線LANルーターを導入することにしました。
(ちなみに、かなり前にも同じような現象が発生して、5年ぐらい前に機器交換をしてもらったもののほとんど改善されなかったので、レンタル品の無線LANルーターには期待しないことにしました)
今回新たに購入したものは、日本の会社のものではなく、海外メーカーの製品。
最近はやりのメッシュWifiにも対応できるらしく、メッシュWifiが必要になったときに対応機種を購入すれば、同一メーカーであれば機種が異なっていてもメッシュWifiが構築可能という素晴らしい感じ。
とりあえず、メッシュWifiはさておき、1台購入して設定を行いました。

これまで、日本メーカーのルーターばかり触ってきたので、ほぼ初めて海外のルーターを設定しましたが、海外のルーターって本当に多くの機能が揃っていますね。
日本メーカーのルーターでは見たことのない機能が豊富にあり、逆に機能過多で使い切れる自信がないぐらい(笑)
まあ、今は利用しない機能もきっといつか必要になると信じて、基本的な設定だけを行って、構築が完了しました。
ちなみに、無線LANルーターを新調した理由の一つに、特定時間になったら無線を切る・・・というか、特定時間になったら特定の端末からインターネットに接続させないようにしたいという要望がありました。
これに対応できる機能ももちろん持ち合わせていて、購入前には到底できなかった特定端末の通信拒否という狙い撃ちの設定もできるようになりました。

無線LANルーターの入れ替えを検討する際は、是非海外メーカー製品にも目を向けることをお勧めします!