ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

本日、シーオーリポーツの.NET対応のプログラム制御型帳票ツールの最新バージョン「シーオーリポーツ for .NET Ver.3」がリリースされました。

実は、今回の最新バージョンは2019年5月に出展した「第28回 Japan IT Week 【春】 後期」にて、今年の夏にリリース予定ということを会場限定で事前予告していました。
会場では多くのお客様に具体的なリリース日をご質問いただきましたが、具体的な日程まではご提示できず、大変お待たせいたしました。

今回の最新バージョンでは、多くのお客様からご要望をいただいていた機能を中心に機能追加を行っております。
ここでは、新機能のうち、2つをご紹介いたします。

Excel形式のファイル出力に対応

Excel出力

数多くのお客様からご要望いただいておりました、Excel形式のファイル出力に対応しました。

「シーオーリポーツ」は、帳票レイアウトを非常に細かいレベルで作成することができ、例えば描画内容をmm単位(厳密にはmm単位以下も設定可能)で指定できます。
このため、帳票の表現力は非常に高く、mm単位を要求される帳票であっても、正確に出力することができます。

一方で、Excelは帳票ツールではないということもあり、「シーオーリポーツ」と同レベルの表現力を再現するのは非常に困難です。
このため、これまでExcel形式のファイル出力には対応しておりませんでした。

今回は、数多くのお客様からのご要望にお応えすべく、Excel形式のファイル出力に対応させました。
ただし、表現力の差が大きいこともあり、ある程度の制限事項もございます。
是非、マニュアルに記載されている制限事項もご確認の上、Excel形式のファイル出力をお試しください。

異体字セレクタに対応

異体字セレクタ

ここ最近お客様からご要望が増えてきている、異体字セレクタにも対応しました。

帳票では人名や住所を印刷する機会が多く、帳票出力に際し、異体字を出力したいというご要望も多くいただいておりました。
「シーオーリポーツ」は、これまでフォント埋め込みや外字埋め込みの機能があり、これらの機能を利用することで異体字を出力することも可能でした。

今回、異体字セレクタに対応したことで、人名や地名を出力する帳票出力においても、より安心してご利用いただくことができます。
今回は2つの新機能をご紹介いたしましたが、その他にも新機能はございます。
是非、製品詳細情報ページ もご覧ください。