こんにちは。受託開発担当(ここでは雑記担当)のMasaです。

今日は前回に引き続き Microsoft Math 3.0 のレビューをします。

C#で使用した平面座標での二点間の距離を計算する式をそのまま入力してみます。

microsoft-math-30-e585a5e58a9b1

エラーです。「Pow」が使えないみたいですね。

microsoft-math-30-e585a5e58a9b2

microsoft-math-30-e7b590e69e9c1

今度は上手くいきました。「Sqrt」 はそのまま使用できるようです。
座標の角度を求める 「Atan」「Atan2」等も使えないみたいですね。

と、ここまでやってきたのですが、そもそも計算式自体を知らない人はどうするのか。。。
計算方法をググってたら意味がないので何かないか探ってみます。

「数学ツール」の「方程式ソルバ」「三角形ソルバ」が名前からして怪しそうなので使用してみます。

e4b889e8a792e5bda2e382bde383abe38390

なんか良さそうなのが出てきました。点A(0,0) から点C(5,2) までの距離とすると。。。
辺a = 2 、辺c = 5 、角度B = 90 になるので。。。

e4b889e8a792e5bda2e382bde383abe38390-e8a7a3e6b395

ああ、それらしいのができました。解法を詳しく知りたい場合は、上記の定理を本体入力部分に入力しEnterを押すことで詳細が表示されます。

感想:
 「あれ?これどう計算するんだっけ?」というときには素直にググった方が早い気がします。
 学生さんにはいいツールかもしれません。