受託開発担当のRyuです。

前回に続きテーブル用JQueryプラグインDataTablesの使い方を紹介をしていきます。

今回はAjax通信についてです。

DataTablesは標準でJQueryを利用したAjax通信機能がサポートされています。
まずはこんなjsonを用意しました。

data.json

{"reports": [
    {"id":"1","name":"aaa.pdf"},
    {"id":"2","name":"bbb.pdf"},
    {"id":"3","name":"ccc.pdf"}
]}

このjsonを取得して表示するようにDataTablesを設定します。

<html><head>
<meta charset="utf-8">
<link rel="stylesheet" href="dataTables/css/jquery.dataTables.css">
<style type="text/css">
<!--
body {width: 400px;}
#sample_table {border: 1px solid black;}
-->
</style>
</head>
<body>
	<h5>DataTablesのAjax通信のサンプルです。</h5>
	<table id="sample_table">
		<thead>
			<tr><th>ID</th>
				<th>帳票名</th></tr>
		</thead>
		<tbody>
		</tbody>
	</table>

	<script type="text/javascript" src="js/jquery-1.8.3.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="dataTables/js/jquery.dataTables.min.js"></script>
	<script>
		var sampleTable = $("#sample_table").dataTable({
			// 列設定です。
			// mDataとjsonの各項目をマッピングします。
			aoColumns: [
				{ mData: "id", sDefaultContent: "" },
				{ mData: "name", sDefaultContent: "" },
			],
			// 遅延レンダリングを設定します。
			// trueにするとAjax通信を非同期で行います。
			bDeferRender: true,
			// Ajaxの接続先を設定します。
			sAjaxSource: "data.json",
			// Ajax通信方式を設定します。
			sServerMethod: "POST",
			// サーバへ送るリクエストパラメータを設定します。
			// 今回はjsonファイルへのリクエストなので本当は必要ありません。
			fnServerParams: function (aoData) {
				aoData.push({"name": "id", "value": "1"});
			},
			// 取得JSONのルート文字列を設定します。
			// 省略した場合のデフォルト値は「aaData」です。
			sAjaxDataProp: "reports",
		});
	</script>
</body></html>

jsonのデータを表示

tbodyタグは空でも必要なので記述しておいてください。
簡単な設定でAjaxの利用ができますが、受け取ったデータを加工して表示したい、エラーが返ってきたときの処理をしたいということもあるでしょう。
そういうときはfnServerDataを利用することでJQuery標準のajax関数を利用することもできます。

<html><head>
<meta charset="utf-8">
<link rel="stylesheet" href="dataTables/css/jquery.dataTables.css">
<style type="text/css">
<!--
body {width: 400px;}
#sample_table {border: 1px solid black;}
-->
</style>
</head>
<body>
	<h5>DataTablesのAjax通信のデータ加工サンプルです。</h5>
	<table id="sample_table">
		<thead>
			<tr><th>ID</th>
				<th>帳票名</th></tr>
		</thead>
		<tbody>
		</tbody>
	</table>

	<script type="text/javascript" src="js/jquery-1.8.3.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="dataTables/js/jquery.dataTables.min.js"></script>
	<script>
		var sampleTable = $("#sample_table").dataTable({
			aoColumns: [
				{ mData: "id", sDefaultContent: "" },
				{ mData: "name", sDefaultContent: "" },
			],
			bDeferRender: true,
			sAjaxSource: "data.json",
			fnServerParams: function (aoData) {
				aoData.push({"name": "id", "value": "1"});
			},
			sAjaxDataProp: "reports",
			// サーバのデータ取得を行います。
			// sSource sAjaxSourceで設定した接続先です。
			// aoData fnServerParamsで設定したパラメータです。
			// fnCallback DataTablesのデータ取得後の描画等を行うコールバック関数です。
			// oSettings DataTablesの設定です。
			fnServerData: function(sSource, aoData, fnCallback, oSettings) {
				// ajaxリクエストからの戻ってくるjqXHRはoSettingsへ格納します。
				oSettings.jqXHR = $.ajax({
					url: sSource,
					type: "GET",
					data: aoData,
					dataType: 'json',
				})
				// サーバから取得したデータを加工します。
				.pipe(function(json) {
					json.reports = $.map(json.reports, function(item, index) {
						// idが2なら省く
						return (item.id != "2") ? item : null;
					});

					return json;
				})
				// 加工したデータをDataTablesのコールバック関数へ流します。
				.done(fnCallback);
			}
		});
	</script>
</body></html>

idが2のレコードは非表示に

DataTablesの設定をサーバに保存することなどもできるので、詳しくはこちらを参考にしてください。

次は再読込です。
DataTablesの標準構成にはデータの再読込機能が無いのでプラグインを利用します。
こちらのページのfnReloadAjaxに記述してあるコードをファイルに保存し適当な名前を付けます。
今回はdataTables.fnReloadAjax.jsと名前を付け、jquery.dataTables.min.jsと同階層に配置しました。
後はテーブルに対してfnReloadAjaxを実行するだけです。

<html><head>
<meta charset="utf-8">
<link rel="stylesheet" href="dataTables/css/jquery.dataTables.css">
<style type="text/css">
<!--
body {width: 400px;}
#sample_table {border: 1px solid black;}
-->
</style>
</head>
<body>
	<h5>DataTablesのAjax通信の再取得サンプルです。</h5>
	<p>
		<input type="button" id="reload" value="再取得" />
		<input type="button" id="row-delete" value="1行削除" />
	</p>

	<table id="sample_table">
		<thead>
			<tr><th>ID</th>
				<th>帳票名</th></tr>
		</thead>
		<tbody>
		</tbody>
	</table>

	<script type="text/javascript" src="js/jquery-1.8.3.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="dataTables/js/jquery.dataTables.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="dataTables/js/dataTables.fnReloadAjax.js"></script>

	<script>
		var sampleTable = $("#sample_table").dataTable({
			aoColumns: [
				{ mData: "id", sDefaultContent: "" },
				{ mData: "name", sDefaultContent: "" },
			],
			bDeferRender: true,
			sAjaxSource: "data.json",
			sAjaxDataProp: "reports",
		});

		// データ再取得
		$("#reload").click(function() {
			sampleTable.fnReloadAjax();
		});

		// 一行削除
		$("#row-delete").click(function() {
			sampleTable.fnDeleteRow(0);
		});

	</script>
</body></html>

次回は行選択を紹介する予定です。