弊社は、日本アイ・ビー・エム、UML教育研究所、ビジネスブレイン太田昭和の共催による、BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)をビジネス・プロセス・モデリングへ展開することにより、「様々な分野での課題、問題点を新たな視点で対応する」「多くの分野での閉塞感をいかに打破するか」ということを目的にセミナーを開催いたします。

世界、及び日本における困難な経済情勢の長期化の中、多くの企業、組織、団体において、様々な対応、試みが行われております。これらの中でBPM(ビジネス・プロセス・マネージメント)は注目されてきましたが、しかしその表記法、言語が統一されていないことが、推進の大きな障害になっていました。これに対応するため、OMG(オブジェクト・マネージメント・グループ)、IBM 等を中心に関連企業、団体が協力・連携をし、ビジネス・プロセス・マネージメントの世界標準の表記法、言語体系を定義し、リリースいたしました。現在、US、EUを中心に、本格的推進の段階に入っております。

UML教育研究所は、情報処理業界の最大協議会であるOMG(オブジェクト・マネージメント・グループ)の、日本を含むアジア太平洋地域の代表・窓口であり、IBMはOMGの最大スポンサーの1人です。また弊社は、UML教育研究所の中部地区におけるパートナーとしてUML/BPMの教育に関する活動を始めております。

今回のセミナーでは、ビジネス・プロセス・モデリングの動向とその具体的概要、及びIFRS(国際会計基準)に視点を当てた考察等の講演を予定しております。
皆様におかれましては、現在の様々な課題、問題点に対する新しい視点、切り口を発見する糸口として、当セミナーにご出席を賜りたく、ご案内申し上げます。

開催情報

開催日時

2010年6月16日(水) 13:30~17:00(13:00より受付を開始いたします)

会場

日本アイ・ビー・エム 名古屋事業所 4階 オーディトリアム
愛知県名古屋市中区錦3-1-1 十六銀行名古屋ビル
TEL:052-954-3000 (番号案内)
・市営地下鉄桜通線/鶴舞線 丸の内駅 5番出口 徒歩 3分
・市営地下鉄桜通線/名城線 久屋大通駅 4番出口 徒歩7分

共催

日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
株式会社UML教育研究所

参加対象

事業部門管理者、IT部門管理者、会計部門管理者、経営企画管理者

定員

80名

参加費

無料

申込方法

こちらのページよりお申込み下さい

当日プログラム

13:30~14:00 「ビジネス・プロセス・モデリングの動向と戦略的活用」
                  UML教育研究所 代表取締役   吉野 晃生
       ビジネス・プロセス・モデリングの動向と戦略的活用について、 以下の内容を解説いたします。

14:00~15:00 「ビジネス・プロセス・モデリングの概説と実践」
                   日本BPM協会 副事務局長
       UML教育研究所 技術顧問  宇野澤 庸弘
       ビジネス・プロセスをマネージメントからモデリングへ展開するための概説をするとともに
                   ビジネス・プロセス・モデリングの中心的表記法であるBPMNの実践、事例を紹介して、
                  事業推進オーナーとIT部門の戦略的連携への対応を概説いたします。

(15分)    休憩

15:15~16:15 「IFRS(国際会計基準)の対応とビジネス・プロセス・モデリングの活用」
       ビジネスブレイン太田昭和 取締役
       公認会計士 野崎 正幸
       IFRSの概要と、ビジネス・プロセス・モデリングの活用方法を紹介いたします。

16:15~16:45
     「ビジネス・プロセス・モデリングのお客様の実践に対する支援プログラム」
       エイチ・オー・エス 取締役
       事業企画室長 中西 佐登司
       HOSが提供するBPM関連の教育について、ご案内いたします。

16:45~17:00 クロージング