こんにちは。ソフトウェア開発部のYです。

先日、友人数人と「久しぶりに食べたいもの」というテーマで話していた際、その中の1人が挙げた「ちくわサラダ」なるものが最近気になっています。

「ちくわサラダ」
彼以外の全員がちくわ入りのサラダを想像し、「それは相当高級なちくわを使ったものなのかい?」となったのだが、よくよく話を聞いてみると思っていたものとは違う代物でした。

彼の曰く、「ちくわサラダ」とはちくわにポテトサラダを詰めて天ぷらにしたものらしく、熊本県あたりではポピュラーな総菜なのだそうです。(彼は出張の際に出会ったそうな)
初めて聞く料理だったので調べてみると、なるほどこれは美味しそう。
おつまみにもご飯のおかずにも良さそう。

「よし、簡単だし作ってみよう!」と思ってはみたものの、このためだけにポテトサラダを作るのもなんだかなぁ。。。
せっかくなんで余ったポテトサラダを使って1品という感じが理想。
でも、ポテトサラダが余った時に都合よくちくわがあるかというと、それは分からない。
ちくわを常備するような習慣もない。
なにより揚げ物は「よし!やるぞ!!」と気合入れないとやる気になれないし、そもそも面倒くさい。
そして、なんとなく味も想像できる。

そんなこんなでなかなか重い腰が上げられない(ただのものぐさ)今日この頃です。
いくつもの困難を乗り越えて辿り着く最果ての海こと「ちくわサラダ」。
その姿(味)を見られるのはいつになることやら。。。(無精者の戯言)