エイチ・オー・エス 帳票ソリューション
開発者ブログ

タグ : Java

Java9 Jigsaw はコンパイラー準拠レベル1.8 だとどうなるのか

こんにちは、開発担当の Masa です。

Java系製品の開発担当としては Java9 のリリースが待ち遠しいような怖いような今日この頃です。
一番の目玉機能である Jigsaw ですが、コンパイラー準拠レベル1.8でコンパイルするとモジュール間のアクセス制御はどうなるんだろう?という素朴な疑問を確かめてみました。

Java 9のTIFF入出力機能を試してみた

パッケージ製品開発担当の大です。こんにちは。

次期版のJava SEはJava 9になりますね。スケジュールはいつも通りちょっとづつ遅れ、いまのところ2017年7月のリリース予定な感じです。Java 9といえばProject Jigsawによるモジュールシステムや、jshellの搭載などがよく話題になってますが、実装される予定の機能を眺めていたら、どうやらTIFF入出力が正式に入ることになりそうなのに気がつきました。

これは弊社製品でTIFFを出力する際にも使えるかも?ということで、今回はこれを調査してみます。

test

Azure Toolkit for Eclipse で “Error importing subscriptions”

こんにちは、開発担当の Masa です。

帳票クリエータ Ver.3 for Java を Azure で動作検証しています。
Cloud Service にアプリケーションをデプロイするため、Azure Toolkit for Eclipse を使ってパッケージを作成したいのですがエラーが発生して困っています。

結論としては「パッケージを作成するのは諦めて、最初から Publish しましょう」と言うことです。

シーオーリポーツ帳票クリエータ for JavaのWEB APIにユーザ認証機能を追加する(2)Spring Security編

パッケージ製品開発担当の大です。こんにちは。

先週は、2016 Japan IT Weekにおきまして、数多くのお客様に弊社ブースへお立ち寄りいただき、ありがとうございました。私も最終日に参加いたしました。弊社ブースにて製品のご説明をさせていただいたほか、他社様の展示も(駆け足ではありましたが)見せていただき、たいへん勉強になりました。

さて、前回に引き続き、帳票クリエータに認証を追加する方法について書きます。今回は、Spring Securityを使用します。

Spring Securityは、Spring Frameworkのサブプロジェクトで、JavaEEアプリケーションにセキュリティを追加するフレームワークです。アプリケーション全体がSpring Frameworkで構築されていなくても、認証・認可の機能を追加できます。対応している認証の種類も豊富で、BASIC認証・フォーム認証からLDAPやOpenIDにも対応しています。クリックジャッキングやCSRFなどのアタックへの対策がされているのも魅力的です。

シーオーリポーツ 帳票クリエータ for Java Ver.3のWEB APIに認証機能を追加する(1) Basic認証編

パッケージ製品開発担当の大です。こんにちは。
久しぶりに帳票クリエータの話を書いてみたいと思います。

もともと、帳票クリエータのWEB APIには、ユーザ認証機能がありません。なぜかというとこれは、帳票クリエータの前身のReportsStationの時代、当時は素のサーブレットとして提供されていたのですが、このときの仕様の名残りです。また、基本的にはクリエータのWEB APIを呼ぶのはローカルネットワーク上のWEBサーバやバッチプログラムなどで、認証が必要ないという前提もあります。

とはいっても、さまざまなレベルでセキュリティが必要になる場合もあります。今回はもっともお手軽なBasic認証をかける方法をご紹介します。

1 2 3 12 »
PAGETOP
© HOS Co.,Ltd. 2016
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.