エイチ・オー・エス 帳票ソリューション

レイヤ

特徴

レイヤ一覧

  • フォームファイル内に複数のレイヤを定義できます。
    使用できるレイヤの枚数はほぼ無制限ですが、扱う数に応じて必要とされるメモリも増えていきます。
  • レイヤ間のコピー&ペーストが可能です。
  • 異なるフォームファイルをレイヤ上にインポートできます。
  • 標準モード、LPモードの2種類の描画モードをご用意しました。

標準モード

  • レーザープリンタ出力のように、カラム・ロウ(Column・Row)に依存しないレイアウト設計に最適です。
  • 全ての描画オブジェクトを、レイヤ上のどこにでも配置できます。
  • 任意の幅、高さ、ピッチでの文字描画を行なえます。

LPモード

  • 汎用機系のラインプリンタ、ドットマトリクスプリンタへの出力をエミュレートするモードです。
  • 常にカラム・ロウ(Column・Row)に合わせてグリッドが表示されます。
  • スペーシングチャートで帳票設計するようにレイアウト作成ができます。
  • 使用可能な描画オブジェクトは次のとおりです。
    • 直線オブジェクト
      ただし、グリッド上に水平・垂直線のみ可能
    • ラベルオブジェクト
    • データフィールド
    • 矩形オブジェクト
  • 円オブジェクト、弓・弧・扇オブジェクト、ピクチャオブジェクト、イメージフィールド、バーコードフィールドは使用できません。
  • 文字列はグリッドの格子の中に収まるように描画されます。全角・半角の文字比率につきましては「2:1」か「3:2」に設定できます。
  • 文字列は1行単位の扱いとなります。

機能比較表

機能 標準モード LPモード
ラベルオブジェクト △ ※1 ※2
直線オブジェクト △ ※3
四角形オブジェクト △ ※3
円オブジェクト ×
弧オブジェクト ×
多角形オブジェクト ×
ピクチャオブジェクト ×
データフィールド ○ ※1 ※2
バーコードフィールド ×
リストフィールド ○ ※2
テキストフィールド ×
イメージフィールド ×
PDF417バーコードフィールド ×
QRコードフィールド ×
グリッド配置
グリッド外配置 ×
レイヤ間コピー △ ※4 △ ※4
固定ピッチ
フォントのピッチ(自動ピッチ) ×
ボールド
イタリック
下線
取り消し線
文字飾り
右寄せ
左寄せ
中央揃え
均等割付 ×
任意幅の文字描画 ×
任意高さの文字描画 ×
任意文字ピッチの文字描画 ×
任意行ピッチの文字描画 ×
グリッド間隔変更時の描画オブジェクトの位置 変化なし 行/桁に依存 ※5
※1
LPモードでは、複数行にまたがった文字列の出力はできません。
※2
LPモードの文字サイズ・ピッチは、グリッド間隔に依存します。
※3
LPモードでは、ライン・ボックスはグリッド線に沿って作成されます。
※4
モードの異なるレイヤ間のコピー&ペーストはできません。
※5
LPモードの描画オブジェクトの位置は、行/桁で指定します。
例)3行/2桁の位置にあるオブジェクトは、グリッド間隔を変更しても3行/2桁の位置に表示されます。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
© HOS Co.,Ltd. 2016
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.