エイチ・オー・エス 帳票ソリューション

64bitOSでの利用

シーオーリポーツ for .NET Ver.2/帳票クリエータ Ver.3 for .NET

シーオーリポーツ for .NET Ver.2 および 帳票クリエータ Ver.3 for .NET は .NET Framework ネイティブ対応のモジュールで構成されており、ネイティブな64bit環境で実行するアプリケーションを作成することができます。

シーオーリポーツ for Java Ver.2/帳票クリエータ Ver.3 for Java

シーオーリポーツ for Java Ver.2 および 帳票クリエータ Ver.3 for Java のモジュールは、64bitネイティブで動作させることができます。

ただしプリンタへの直接印刷を行なう場合は「JNIモジュールDLL」を使用しますが、これは 32bitのモジュールですので、64bitOS上ではWOW64で動作します。
そのため、32bitのJavaを使用する必要があります。

また「ビューコントロール」も32bitのコントロールですので、同じく64bitOS上では WOW64で動作します。
そのためビューコントロールをInternet Explorer上で動作させる場合は、32bit版のInternet Explorerを使用する必要があります。

シーオーリポーツ Ver.9/シーオーリポーツ Ver.10

シーオーリポーツ Ver.9 および Ver.10 に含まれるCOMコンポーネント/ActiveX コンポーネントは、32bitです。
64bitOS上で動作させるためには、「アプリケーションを32bitモードで動作させる」設定を行なう必要があります。

Windows アプリケーションの場合

COMコンポーネント/ActiveX コンポーネント を使用したアプリケーションを64bitOS上で動作させるには、Visual Studio で、アプリケーションのターゲットCPUを”x86″に指定し、32bitアプリケーションとしてビルドする必要があります。

  1. Visual Studio のメニュー「ビルド」から「構成マネージャ」を開きます。
  2. 構成マネージャウィンドウの「アクティブソリューションプラットフォーム」で「<新規作成…>」をクリックします。

    構成マネージャ

    構成マネージャ

  3. 「新しいソリューションプラットフォーム」ウィンドウが開きますので、コンボボックスから「x86」を選択します。

    新しいソリューションプラットフォーム

    新しいソリューションプラットフォーム

  4. 「アクティブソリューションプラットフォーム」に「x86」が追加されたことを確認します。

    構成マネージャ2

    構成マネージャ2

  5. 対象プロジェクトのソリューションプラットフォームが「x86」の状態で、開発を行なってください。

    プラットフォームターゲット

    プラットフォームターゲット

  6. 作成したアプリケーションを実行します。タスクマネージャーから、アプリケーションが32bitとして動作していることが確認できます。

    タスクマネージャー

    タスクマネージャー

web アプリケーションの場合

クライアント環境

webアプリケーションのクライアント環境で使用するビューコントロールは、32bit版のInternet Exploler のみに対応します。64bit版の Internet Explorer では利用できません。

【Internet Explorer 8、9】
Windows のスタートメニューから32bit版の Internet Exploler を起動し、それを使用してください。

【Internet Explorer 10】
Internet Explorer のメニューから「ツール – インターネットオプション」を開いて[詳細設定]の『拡張保護モードを有効にする』のチェックを外し、IE を再起動します。

【Internet Explorer 11】
Internet Explorer のメニューから「ツール – インターネットオプション」を開いて[詳細設定]の『拡張保護モードで64ビットプロセッサを有効にする』『拡張保護モードを有効にする』の両方のチェックを外し、IE を再起動します。

サーバ環境

【Windows Server 2008 以降】

  1. IISマネージャを起動します。
    対象のアプリケーションが利用する「アプリケーションプール」を選択し「詳細設定」をクリックします。

    IISマネージャ

    IISマネージャ

  2. 詳細設定ダイアログ「全般」の「32ビットアプリケーションの有効化」を「true」に設定します。

    詳細設定

    詳細設定

  3. 設定後、IISを再起動します。
  4. アプリケーションを実行します。タスクマネージャーから、ワーカープロセスが32bitとして動作していることが確認できます。

    タスクマネージャー

    タスクマネージャー

【Windows Server 2003】

IISを32bitモードに切り替えた上で、32bit版ASP.NETを動作させる必要があります。
下記の方法により設定して下さい。他のASP.NETアプリケーションに影響を与えることがありますので、十分にテストを行なってください。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 次のコマンドを入力して32bitモードを有効にします(改行せず1行で入力してください)。

cscript %SYSTEMDRIVE%inetpubadminscriptsadsutil.vbs SET W3SVC/AppPools/Enable32bitAppOnWin64 1

    1. 次のコマンドを入力してASP.NET2.0(32bit版)をインストールし、スクリプトマップをIISルート下にインストールします(改行せず1行で入力してください)。

%SYSTEMROOT%Microsoft.NETFrameworkv2.0.50727aspnet_regiis.exe -i

  1. IISマネージャの[Webサービス拡張の一覧]で、ASP.NET version 2.0.50727(32bit版)の状態が[許可]に設定されていることを確認します。
Webサービス拡張の一覧

Webサービス拡張の一覧

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
© HOS Co.,Ltd. 2016
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.