こんにちは、パッケージ開発担当のK.H.です。

ここ数か月、今までないがしろにしていた自身の健康管理を見直そうと思って、少しずつ通院を始めました。
これまでは、病院選びや予約をわずらわしく感じて行こうとしなかったのですが、一度行ってしまえば、解決策をすっと出してもらえるのが楽ですね。
中にはネット予約が出来たり、遅くまで開いている診療所もあるので、ありがたいです。

病院に通い始めて気づいたのは、症状や経過の説明が上手く出来ないことが多く、例えば、いつからその症状があるのか覚えていなかったり、痛みはあるけど具体的にどこが痛むのか自分でもわからなかったり、服薬や施術の前後の体の変化を認識できなかったり、あるいは、わかるけど言葉で表現ができなかったりして、自分が思っていた以上に私は自分の体調に鈍感というか、無頓着だった、ということです。
夏にも体調を崩したのですが、いつもの風邪だと思って放っておいたら、最終的に高熱が続いてしまいました。
症状が出た時点で病院に行っていれば、悪化せずに済んだかもしれません。

他にも行かなければならない科がいくつかあるので、少しずつでいいので、ちゃんと健康と向き合っていこうと思います。