パッケージ開発担当のK.H.です。

今日は、手持ちの画像を簡単に水彩画風に編集できる iOS アプリ、Waterlogue のお話です。

インストールする

今回は iPad で利用します。
こちらから入手出来ます。

使ってみる

アプリを起動します。
左端にあるカメラのアイコンをタップすると、

  • アプリ内のサンプル画像
  • iPad 内の画像
  • カメラを起動
  • ペースト

を選ぶことが出来ます。
今回は手持ちの画像を使用します。
下部のオプションで、加工の仕方を選びます。

起動時

この画像だと見えませんが、下部メニューを横へスワイプすると、大きさ・明暗・縁の有無も選べます。

取り込みます。

取り込む

取り込む

変換に少し時間がかかりますが、彩色の過程を見ているようで面白いです。

変換中

変換中

変換中

変換中

完了

完了

右端のハートのアイコンをタップすると、SNS投稿やメール送信等のオプションが表示されます。
端末への保存もここでします。

ハートのアイコンをタップ

ハートのアイコンをタップ

Settings をタップすると、保存形式(JPEG/PNG)や保存サイズを設定することが出来ます。

保存の設定

保存の設定

保存した画像

水彩画っぽくなりました!

こうなりました。

こうなりました。

元の写真

元の写真

英語ですが、直感的に操作出来ますし、手軽にそれっぽく画像編集出来るのはいいですね。