受託開発担当のRyuです。

前回に続いてDynatreeの使い方を紹介します。

今回はAjaxを使った遅延読込を行います。
ツリーが大きくなり一度で全てのノードを読み込むのが難しい場合などに便利です。

<html><head>
<meta charset="utf-8">
<link href="css/skin-vista/ui.dynatree.css" rel="stylesheet" type="text/css" id="skinSheet">
<style type="text/css">
<!--body {width: 400px; height: 200px;}-->
</style>
</head>
<body>
	<h5>Dynatreeの遅延読込サンプルです。</h5>

	<div id="tree"></div>
	<div><span id="echoActive">-</span></div>

	<script type="text/javascript" src="js/jquery-2.0.0.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="js/jquery-ui-1.10.2.custom.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="js/jquery.dynatree.min.js"></script>

		<script>
		var tree = $("#tree").dynatree({
			// ツリー初回読込時、Ajaxを使ってノードを読み込みます。
			initAjax: {
				url: "node1.json"
			},
			// 遅延読込イベントです。
			// isLazy = trueのノードが展開されたときに発生します。
			// node : 展開されたノード
			onLazyRead: function(node) {
				node.appendAjax({
					url: "node1.json",
				});
			},
			// ノードが選択状態になったときに発生するイベントです。
			// node : 選択されたノード
			onActivate: function(node) {
				// node.getKeyPath()はノードのキーパスを表示します。
				// 今回キーには何も登録していないので、自動的に割り振られた番号が表示されます。
				$("#echoActive").text(node.getKeyPath());
			},
		});
	</script>
</body></html>

node1.json

[ {"title": "ファイル1", "isLazy": false },
{"title": "フォルダ1", "isFolder": true, "isLazy": true } ]

遅延読込したツリー

このサンプルでは参照するjsonを変更していないので、延々と子フォルダが取得されます。
isLazyにfalseを設定されたファイル1は展開することができなくなります。

次はより柔軟な
・サーバから帰ってくるデータ形式は自由なものにしたい
・サーバに問い合わせるまで子フォルダが存在するか確認できない
という場合のサンプルです。

<html><head>
<meta charset="utf-8">
<link href="css/skin-vista/ui.dynatree.css" rel="stylesheet" type="text/css" id="skinSheet">
<style type="text/css">
<!--body {width: 400px; height: 200px;}-->
</style>
</head>
<body>
	<h5>Dynatreeの遅延読込サンプルです。</h5>

	<div id="tree"></div>
	<div><span id="echoActive">-</span></div>
	<div>hasChildren: <span id="hasChildren">-</span></div>

	<script type="text/javascript" src="js/jquery-2.0.0.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="js/jquery-ui-1.10.3.custom.min.js"></script>
	<script type="text/javascript" src="js/jquery.dynatree.min.js"></script>

		<script>
		var tree = $("#tree").dynatree({
			initAjax: {
				url: "node1.json"
			},
			onLazyRead: function(node) {
				var url = "node2.json";
				if (node.data.hasChildren != null && !node.data.hasChildren) {
					url = "存在しないパス"
				}

				$.ajax({
					url: url,
					type: "GET",
					dataType: "json"
				}).done(function(data) {
					$.each(data, function() {
						// ノードの子を登録します。
						node.addChild({
							// タイトルです。
							title: this.name,
							// キーです。ここに名前を登録しておくと、node.getKeyPath()でノードのパスを取得することができます。
						    key: this.name,
						    isLazy: true,
						    isFolder: true,
						    // hasChildrenは独自のプロパティです。
						    // ノードに関連付けて様々なデータを保持しておきたいときは、ここに持つと参照が楽になります。
						    hasChildren: this.hasChildren
						});
					});

					// 遅延読込が正常に終了したことを設定します。
					node.setLazyNodeStatus(DTNodeStatus_Ok);
				}).fail(function() {
					// 子が無かった場合
					// isLazyをfalseにすることで、子展開をできなくします。
					node.data.isLazy = false;
					node.setLazyNodeStatus(DTNodeStatus_Ok);

					// 展開ボタンを非表示にするため、ノードを再レンダリングします。
					node.render();
				});
			},
			onActivate: function(node) {
				$("#echoActive").text(node.getKeyPath());
				$("#hasChildren").text(node.data.hasChildren);
			},
		});
	</script>
</body></html>

node2.json

[ {"name": "子フォルダ1", "hasChildren": false },
{"name": "子フォルダ2", "hasChildren": true } ]

柔軟に対応!

Dynatreeは簡単に遅延読込ができるのがいいですね。