ソフトウェア開発部のKです。
先日Microsoftのカンファレンス「BUILD 2013」が開催され、Windows 8.1 Preview版が公開になりました。

単純なSPではなく、8.1とリビジョンを上げるというのは、Microsoft製品では珍しい話です。
Windows 8はあちらこちらで酷評されてますので、Microsoftとしてはここで心機一転、新しくなったというのをアピールしたいのではないでしょうか。

では実際、8.1は、現行の8からどれくらい変わるのでしょうか。
発表当初、大きな話題になったのはスタートボタンでした。しかしPreview版の動作を見ると「ユーザが求めてたのはコレなのか?」という印象があります。
おそらく多くのユーザは、Windows 7以前のようなスタートボタンを想像していたのではないでしょうか。しかし、8.1で実装されたのは、「モダンUIに切り替える」という単純な機能を持つだけのボタンです。これでは8とあまり変わっていません。
また、他にもUI関係で機能が追加されていますが、正直8.1とリビジョンを上げてまで発表するほど大きな機能は無かったように思えます。

よって私としては、これではWindows 8の評価は変わらないだろうな、という感想です。
ただ個人的にWindows 8が嫌いかと聞かれると、そうではありません。
Windows 8自体のパフォーマンスは7より上がってますし、モダンUIにもそれはそれで良いところがあります。
ただやはりスマートフォンやタブレット向けのUIという側面が強いので、デスクトップ端末で使うには……とは思います。
MicrosoftがこのUIを、これからどうやって普及させてくつもりなのか、そこも注目したいです。