ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

もう3月だというのに、なかなか暖かくなりませんね。
一方では、花粉も飛び始めているようで、寒さ&花粉のダブルパンチの状態のようです。
私自身は花粉症ではありませんが、花粉症は突然発症するとも聞きます。
さて、今年は無事花粉症にならずに済むのでしょうか・・・

私は、プライベートにて独自ドメインを利用するため、7年前からレンタルサーバーを、1年前からVPSを借りています。レンタルサーバーについては、7年間、特に大きなトラブルも発生せず問題なく利用できていましたが、先日、非常に大きなトラブルが発生しました。
今回は、このレンタルサーバーでのトラブルについて書くことにします。
そのトラブルとは「レンタルサーバーにて独自ドメインが利用できなくなった」というものでした。
多くのレンタルサーバーでは、Web上の管理画面にて独自ドメインを入力することで、そのレンタルサーバーで独自ドメインを利用することが出来るようになります。

先日、とある事情によりレンタルサーバーの設定を変えるため、レンタルサーバー上から独自ドメインの登録を一旦削除し、再登録しようとしたところ、そのドメインが登録できない状態になってしまいました。

登録できない原因は分かっており、自分で作業できるのであれば10秒で解決できる問題、またVPSで管理しているドメインであれば、別の方法で強制的に解決させることも出来ます。
しかし、今回の一番の原因は自分では手が出せない部分の問題であり、また、レンタルサーバーのため、root権限がない状態では別の方法で強制的に解決させることも出来ません。

この状態では、自分ではどうにも出来ず、レンタルサーバーのサポートに連絡し、対応を待つしかありません。しかし、その対応は非常に遅く、対応されたのは丸2日経過後でした。

結局、そのドメインは2日半停止しましたが、Webサイトは別で借りているVPSにて急場をしのぎ、メールだけが停止した状態となりました。
(VPSではメールの設定をしておらず、すぐに復帰されることを期待していたこともあり、メール設定のタイミングを逸しました・・・)
今回は、サポートの対応が非常に遅かったこと、サポートの早期対応を過度に期待していたこと、借りているのがレンタルサーバーであったこと、等が重なり、メールが長時間の停止状態となってしまいました。
今回のトラブルでは、本当に多くのことを学ぶことが出来ました。
まずは、レンタルサーバーの業者変更、もしくは、レンタルサーバーではなくVPSへの完全移行を考えたいと思います。