ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

つい先日、年が明け、ゴールデンウィークに突入したと思ったら、もう7月です。
今日の名古屋は、最高気温が32℃とまさに夏のような暑さです。
7月に入ったことを実感できるような暑さになりました!!!

ちなみに、HOSは6月決算のため、今日から新年度がスタートとなります。
今年度もHOSをよろしくお願いします!

 

さて、今回は以前に書いたタッチ操作が可能なマウスについて、ようやく「新しいマウスの評価」を書くことにします。

もう一年弱も使用していますので、十分評価は終わり、自分に合うかどうかも結論が出ました。
結論から書きますと、「残念ながら私には向かない」ということです。

製品としては、マウスの左右ボタンの間にスクロールがなく、スクロールの代わりにタッチ操作が可能な部分を持つマウスを選択しました。
普通に使用する分には大きな問題はないのですが、私にとっては2つの内容が大きく問題となりました。

第一の問題は、タッチ操作が可能な部分が反応しなくなる時があること。
一年弱使用している中で、5~6回ぐらいしか発生していませんが、スクロールの代わりのタッチ操作部分が全く反応しなくなることがあるのです。
スクロールの代わりについているタッチ部分ですが、上下に指をスライドすることで、スクロールの代わりの動作をさせることができます。
このスクロール部分が全く反応しなくなることがあり、そうなってしまった場合は、マウスの電源を一旦切って、再度入れる必要があります。
ハードウェア的な完全な故障ではなく、たまにタッチ部分だけが効かなくなるのです。
ただ、これは不便ですが、マウスの電源を入れなおすことで復帰できますので、致命的な問題ではありません。

第二の問題、これは私にとって致命的な問題ですが、指を痛めることがあること。
普段使用しているときは概ね問題はないのですが、指先にすべりがない時(汗をかいている等)は、指先でタッチ部分を上下にスライドさせようとすると、指が引っ掛かることがあります。
特に、上方向へのスクロールを使用する場合、指先と爪の間を広げるような負荷がかかり、指先がとても痛くなります。
指先が常にサラサラで、よく滑る方であれば問題ないと思いますが、いつもいつも指先がサラサラとは限らない私にとっては、大問題です。

ということで、高機能なマウスや新しい操作性のマウスはとても便利になる反面、人によってはあまり向かないこともあるようです。
皆様も、マウス選びにはご注意ください。
(ちなみに、当マウスはいまだに使用しています、ただし、スクロール部分は使用しないことが多い・・・)