システム開発担当の読です。

先日初めてクレジットカードなるものを作りました、ネットでのお買い物がとても楽にできるので
すごくいいものですね。でもお金を使用した感があまりないので、通常よりもしっかり意識しておかないとダメですね。一生ゲームセンターなどで使用できるようにならないでほしいですあそこは私をおかしくしますから。

さて前回紹介した「LogMeIn Hamachi」。私がただゲームがしたいがために使用したのですが、せっかくなので他の用途でも使用してみたいと思います。

Hamachiって?

「LogMeIn Hamachi」は仮想プライベートネットワーキングシステムだそうです。
お互いの接続を確立するためにノードを使用しネットワークを構築します、
ノードを関して接続が行われるわけではなく、あくまで接続は直接行っているので、情報を他人に見られることはありません。

相手の共有ファイルを開く

相手に共有設定してあるフォルダが存在する場合、そのフォルダを開くことが可能です。
Hamachiの相手ユーザーを右クリックして、「ファイル共有を開く」を選択することで、相手の共有ファイルを開くことができます。

iTunesを共有する

iTunes側で設定を行えば、友人とプレイリストを共有することもできます。
iTunesの「編集 – 設定」より設定画面を開き、「共有」タブ内の「ローカルネットワーク上でライブラリを共有する」にチェックを入れると共有することができます。
「ライブラリ全体」でもいいのですが、ファイル数が多いととても重いので、共有したいファイルのみ集めたプレイリストを作成し、そのプレイリストだけ共有するようにしたほうがいいでしょう。

共有が完了すると、サイドバーの「共有」欄に「【相手】のライブラリ」が表示されます。

※iTunesで「Bonjour」が無効にされていると共有できないので有効にしてください。

最後に

他のネットワーク上に存在するPCを、プライベートネットワークのように接続できるのでとにかく楽です。
会社のPCから家のPCへつなげて、お昼休みに曲を聴くのもありですね。
しかし「Hamachi」という名前はおもしろいですね、バージョンアップで「Buri」とかになるんでしょうかね?「Meziro」とか。