ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

まずは先週開催された「ソフトウェア開発環境展」にて、数多くのお客様に弊社ブースへお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。
今回は先週に引き続き、私からソフトウェア開発環境展の内容についてお届けいたします。

 

今回の展示会では、既に弊社製品をご利用いただいているユーザー様、今回初めて弊社製品をご存じいただいた方など、数多くのお客様に足をお運びいただき、弊社製品をご紹介できたことを本当に感謝しています。
また、期間中は弊社ブースにお立ち寄りいただいたにも関わらず、弊社担当者が少なかったため、十分なご説明が出来なかったケースもございました。あらためてお詫び申し上げます。

今回は帳票生成製品である「シーオーリポーツ/帳票クリエータ」のご紹介はもちろんのこと、帳票を生成した後に帳票の管理ができる「帳票管理サーバ」のご紹介、そしてタブレット端末を活用した両製品の連携デモなどをご紹介させていただきました。
さらに、現在開発進行中である各製品の新機能のご紹介などもご紹介させていただきました。

SODEC2011の様子

最終日のHOSブースの様子

今回の展示会にてご説明させていただいた「帳票クリエータ」で帳票を生成し、「帳票管理サーバ」で生成した帳票を管理するという連携デモでは、多くのお客様にご興味を持っていただきました。
さらに各製品の新機能のご紹介においても、既存ユーザー様を中心に、とても好評だったと感じております。
もし、弊社製品 及び 連携デモに関してのご質問やご相談などがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

ちなみに「ソフトウェア開発環境展」と同時開催していた「クラウド コンピューティング EXPO」では人が通れないほど通路に人が溢れかえっているブースなどもあり、クラウド コンピューティングの人気を再認識することができました。
(もちろん「ソフトウェア開発環境展」でも通路に人が溢れているブースも多くありました!)

弊社としても、クラウドでの弊社製品の活用などを今後の課題とする必要があることを感じた展示会でした。