ソリューショングループのHiroです、こんにちは。
先々週の土曜日(6月5日)の話となりますが、HOSのすぐ横にある熱田神宮で毎年恒例の「熱田まつり」が行われました。
私も近所に住んでいることもあり毎年訪れているのですが、今年は私事により東京に行っていた関係で「熱田まつり」には行くことができませんでした。
「熱田まつり」の花火が見れず、本当に残念です。。。
(その代わり、東京近郊で花火を見ていましたが・・・)

さて、今回は前々回の続きということで、「フォームエディタの機能活用法 その2」をお届けいたします。

フォームエディタでは帳票のレイアウトを作成いたしますが、帳票では非常に細かい精度のレイアウトを要求されることがあります。
例えば、オブジェクトのサイズを揃えることはもちろんのこと、複数のオブジェクトを隣接させて配置させたり、等間隔で配置したり。。。

フォームエディタではグリッド線を表示させることが出来、グリッド線に合わせるという機能もあるため、これを使用すれば細かい要求も比較的簡単に対応することができます。

ただ、複数のオブジェクトを選択し、右クリックメニューの [配置] 内の機能を使うとさらに簡単にレイアウトを作成することができる場合があります。
例えば、枠のサイズを揃えるのであれば [配置] – [同じサイズに揃える] が、左右の位置間隔を調整するのであれば [配置] – [左右の間隔] が活用できます。
([配置] で表示される内容は、オブジェクトの選択状態により異なります)

オブジェクトを配置する際、表示の倍率を上げて、マウスやキーボードで微調整を行っていた方、是非 [配置] の機能もご活用ください!!!