ソリューショングループのHiroです、こんにちは。

前回は、2009年12月1日に送信されたメールニュースに掲載された内容のうち、エイチ・オー・エスの開発予定内容について、ご紹介いたしました。
今回は、同メールで紹介いたしました内容のうち、個別対応や製品移行サービスなどのご紹介をいたします。

「シーオーリポーツ」製品 個別対応モジュールのご提供について

「シーオーリポーツ」製品は、多くのパッケージベンダ様にもご採用いただいております。
その結果、これらのパッケージソフトウェアに含まれる「シーオーリポーツ」製品のモジュールが、他のアプリケーションで利用されている「シーオーリポーツ」製品のモジュールと競合するなどの課題も見受けられるようになってまいりました。

これらへの対応として、「シーオーリポーツ」製品と同等機能で、既成の「シーオーリポーツ」製品と異なるクラスID、異なるモジュール名でのご提供も承っております。
個別対応モジュールは、既に多くのお客様で実績があり、ご好評をいただいております。

製品移行サービスのご提供について

長年に渡り弊社製品をご愛顧いただいておりますお客様におきまして、旧製品から最新の製品への移行に関するお問い合わせが増えてまいりました。

弊社では、旧製品で作成されたフォームファイルの移行サービス、Web帳票への対応に関する技術支援(プロトタイプ開発、受託開発)など、幅広いサービスを行っております。
製品の移行サービスにつきましても、既に多くのお客様で実績があり、ご好評をいただいております。

モジュール単位でのOEMご提供について

「シーオーリポーツ」製品に含まれるモジュールを機能単位で個別対応を行うサービスや、既存のアプリケーションとの連携ミドルウェアの開発も承ります。

どれも有償のサービスとはなりますものの、これらのサービスについてのご要望がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから