システム開発担当の読です。

8月に入りましたね、朝会社に行こうと家を出たとき、小学生の頃に感じた、夏休みの匂いがした気がしました。
ラジオ体操、なんであんなにサボりたかったんでしょう。。。?
今なら休まず行きたい気がします^^
※夏休みの匂い。。。説明出来ないので聞かないでください(^▽^;)

さて、前回私の回でPHPの導入まで書いたと思います。。。うん、書きました。
今回はローカル環境で自分の作成したPHPファイルをブラウザで確認する所まで書きたいと思います。

自分のパソコンにWWWサーバーソフトをインストールすれば、自分のパソコン上で
作成したPHPプログラムを動かすことが出来ます。
そんなサーバーソフト、今回は圧倒的なシェアを誇るApacheでPHPを動作させるまでをご紹介します。

Apacheのダウンロード

まず、コチラより、本体のダウンロードを行ってください。

■サイドメニューの『Download! ・from a mirror』をクリックします
apachein

■『Apache HTTP Server 2.2.12』の項目より、『Other files』⇒ 『binaries/』⇒ 『win32/』と選択し。
apachekuri1

■『apache_2.2.11-win32-x86-openssl-0.9.8i.msi』をダウンロードしてください。
apachekuri2

Apacheのインストール

apacheinsu
・製品確認画面:Next>で次へ
・同意画面:上側(同意する)にチェックを入れてNext>で次へ
・説明画面:Next>で次へ
・管理者登録画面:
     ドメイン名、ホスト名、そして管理者のE-Mailアドレスを登録します。
     今回は、ローカル環境で使用する事を目的としていますので、
     「localhost」と入力してください。
     注意)もしポート番号80を使用している場合は、下にチェックを入れてください。
・フルインストールかカスタムインストールか:
     どちらかを選択し、Next>で次へ(今回はフルインストールを選択しています)
・インストール先選択:インストール先選択を選択して、Next>で次へ。
・次の項目でインストールボタンを押せば、インストールされます。

※注意
Apacheインストール時、既にIIS(インターネットインフォメーションサービス)が入っている場合、サービスがうまくインストールされない事がございます、IISが入っている場合は、停止してからインストールを行ってください

PHPを使用するための設定

Apacheをインストールしただけでは、まだPHPは使用できません、
Apacheの設定ファイルを変更する必要があります。
標準であれば、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf」内に
「httpd.conf」という設定ファイルが存在しているはずです。
では、さっそくエディターで設定ファイルを開き、変更していきましょう。

PHPIniDir "C:\php\"
LoadModule php5_module "C:/PHP/php5apache2_2.dll"

■126行目付近に上記を新しく、追加してください。これは、PHP5のApache2 向けモジュールを読み込む設定です。

<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html index.php
</IfModule>

■239行目付近に、「DirectoryIndex」とあるので、「index.html」の後ろにスペースを空け、『index.php』と追加します。これを行うと、「http://localhost/index.php」と入力しなくても「http://localhost/」だけで、自動的にindex.phpを表示してくれます。
※index.htmlとindex.php両方ある場合は、先に書いてある方が優先されます。

#AddHandler cgi-script .cgi
                  ↓
AddHandler cgi-script .cgi

AddType application/x-httpd-php .php
PHPIniDir "C:/php"

■400行目付近に、「#AddHandler cgi-script .cgi」とあるので#を消します。そして「</IfModule>」タグの上に上記を新しく追加してください。

#Include conf/extra/httpd-languages.conf
                          ↓
Include conf/extra/httpd-languages.conf

■450行目付近に、上記があるので#を外してください。これは、文字化け対策などになるので必ず外しておきましょう。

この設定ファイルの変更は終了です。次に同じフォルダ下の「mime.types」の語尾に以下の2行を追加します。

application/x-httpd-php php
application/x-httpd-php-source phps

最後に「/extra/httpd-languages.conf」の変更を行います。

19行目:
DefaultLanguage ja
85行目付近:
AddDefaultCharset shift_jis
※設定ファイル変更の後は必ず、Apachedeの再起動を行ってください。変更が反映されません。
 PHPの設定ファイルを変更したときも同様です。
saiki

確認してみよう

さて、設定ファイルの変更が終わったので、ちゃんとPHPファイルが動くのか確認しましょう。
■前回説明した「php.ini」のドキュメントルートをApacheのドキュメントルートに設定してください。
(Apacheのドキュメントルートを変更していなければ以下のルートになります)

:484行目付近:
doc_root=”C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs”

■メモ帳やエディターを使って以下のソースを書いた「index.php」というファイルを作成してください。

&lt;?php phpinfo(); ?&gt;

■後はブラウザを開いて、URL:「http://localhost/index.php」として以下の画面が表示されればPHPとApacheの設定は完了です。
phpkakunin

お疲れ様でした、これでPHPがローカル環境で確認可能になりました。

なお、Apacheのインストール時に、管理者登録画面でドメイン名、ホスト名を「localhost」では無く
ちゃんと設定すれば、Webに公開も出来ますが、今回の設定はローカル環境での動作を想定した設定なので、ここで紹介した設定だけでWebに公開はしないでください、公開する場合、PHPやApache双方でセキュリティ関連の設定が必須となります。