受託開発担当のRyuです。

迷信というのは学校の七不思議から都市伝説まで幅広く存在し、当然のようにプログラムの世界にも存在します。
今回はそんな迷信の一つについてです。

文字列の連結に”+”演算子を使用すると、文字列用に用意されたライブラリ(StringBuffer等)を使用するより速度が低下する。
これは結構良く聞く話で、私も疑問を持たず信じていました。

実際はコンパイラが賢く処理をしてくれる場合もあるようです。

http://blogs.sun.com/okazaki/entry/performance_myth_string_plus_string

上記の話はあくまでJavaの話なので、他の言語については実際のところわかりませんが、機会があれば調べてみたいと思います。

こういう迷信は他にも数多くあるのかもしれません。