こんにちは。受託開発担当のMasaです。

開発者ブログ初参加です。とりあえず雑記担当です。思いつきのネタをしょぼしょぼ書いていこうかなと思っています。

1ヶ月ほどお休みをいただいていたので、少し前のネタになりますが。。。今回はWPFの動作速度についてのお話です。

1年ほどWPFでの業務アプリケーションの開発に携わっていました。
日ごとに加わっていく視覚効果は素晴らしく、WPFもなかなかやるなぁと感じていたものの、実際に動かしてみると。。。

ショボーンです。とにかく動作が重い!!
コントロールからコントロールにフォーカスを移動する間に白目をむくくらい動作が重い。

そんな中で、Windows7 β版のダウンロードが開始されたので早速試している人の画面を後ろから覗き込む(自分で試したわけではない)と。。。
はっ速い。明らかに動作が速くなってる!!表題のようにサクサク動くかどうかは。。。まあ、動かないんですが、Vista よりは確実に速くなっているのです。

Windows7でWPFを試した人は同じような感想を漏らしているようですね。
正式版ではどこまで改良されるのか楽しみです。

ちなみに、長期休暇を利用して沖縄行ってきました!めんそ~れ。
おみやげは雪塩ちんすこうです。
自由な社風が伝わりましたか? w